「緊張する」ということは「向き合っている」ということ

💫この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

おはようございます。ちたるです。

 

2022年初のブログ投稿ということで、今年も毎日更新を目指して頑張っていこうと思います。

 

というわけで

 

今朝は、

「緊張する」ということは「向き合っている」ということ

ということに気づいたので、お話します。

 

昨日、12/31に本を出版しました。

 

 

本を書くだけでなく、校正・リライトをお願いしたり、表紙制作をお願いしました。

 

準備している間はずっと緊張していました。

 

「上手くできているのか分からない」

「この説明で校正さんに自分の気持ちがちゃんと伝わるかな」

「これどうやってやるのか分からない」

 

などなど、分からないことが出てきてはその都度調べ、Kindleについて勉強しまくりました。

 

そうして昨日無事に発売できたのですが、無事に発売日を迎えて気づいたことがあります。

 

それは、

緊張することは、自分と目の前の事に向き合うことができている証拠

ということです。

 

 

どうでもいいと思っていることに緊張しない

バルーン, 針, ポップ, バースト, 手, 押す, アニメーション, 危険, バブル, インフレーション

 

考えてみたら、どうでもいいと思っていることに緊張しないですよね。

 

たとえば、

・ひそかに憧れてた人と2人きりになった

・人前で発表をする

 

などの場面は、きっと誰でも経験がありますよね。

 

どうでもいいと思っている人相手に緊張しないし、

どうでもいいと思っている発表には緊張しない。

 

シンプルだけど、なかなか気づけないことだと思います。

 

 

緊張するほど、向き合っている証拠

 

緊張することは、

過去の自分の行動を振り返ることができている

自分を見つめ直している

ということに気づきました。

 

「あの時、こうすれば良かった」

「あの部分大丈夫かな」

 

などなど。

 

経験上、緊張するときほど結果がいいです。

しかも、緊張すればするほど、あっさり終わったりします。

大体いつも、「なんだ、こんなものか」と思います。

 

逆に、緊張せずに取り組んだときは結果が悪いことが多いです。

それは、自分と目の前のことに真剣に向き合ってないからです。

 

緊張が成長痛というのはこういう事か、と気づくことができました。

 

今回出版して、色々な事に気づきました。

学んだことしかないです。

1ヶ月ほどずっと緊張していたので、それほど真剣に向き合えたのだと思います。

 

一つ一つ振り返って、次はもっといい本を作ります。

頑張ります。

 

 


ちたる出版から発売している本


あなたの考えを聞かせてください💫